結婚指輪購入に関する基礎知識

結婚指輪は一般的には男性が用意する事になっていますが、特に厳しいルールなどはありませんから、お互いが納得した形を選べます。

・結婚指輪はないとダメなの?

結婚するにあたり結婚指輪は必需品という印象ですが、最近は結婚に関する概念が昔とは大きく変わってきている事もあって、結婚している夫婦でも結婚指輪をしないという事もあります。

結婚指輪をしない理由もいろいろですが、しないのではなく金属アレルギーがあってできない事もあれば、仕事柄結婚指輪であっても身につけられないという理由がある場合は、結婚指輪を持っていても、家で大切にしまっている事もあります。

絶対にないといけない、という事はありませんが、特別な事情がない限り購入するのが一般的です。

・結婚指輪以外の形

中には敢えて結婚指輪ではなく、ほかの物を選ぶ事もあります。

お揃いの時計にする、ペンダントトップを作りそれを指輪代わりに身に付けるなどというケースもあります。

個性的なところを重視する場合は、シンプルなデザインではなく、モチーフをつけたり、ダイヤモンドを入れたりして、派手なリングを選ぶのも選択肢のひとつです。

・まとめ

結婚指輪はいろいろなデザインがありますが、中には結婚指輪をしない人もいます。

購入する理由も皆がそうしているからというケースが多くなりますが、夫婦の証として考えれば結婚指輪に少し抵抗がある人も考え方は変わるかもしれませんね。

探せばリーズナブルで素敵なデザインはたくさんあります。

Posted by 2016年4月24日 Category: 夫婦にとっての結婚指輪